催眠RPG製作日誌5(アリーシャあれこれ)

   2016/12/20

 

こんばんは。

第46騎士団 Kairiです。

 

今回はメインヒロインの一人である『アリーシャ』のお話を……。

 

%e6%88%a6%e5%a3%ab_%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e9%80%9a%e5%b8%b8%e7%ab%8b%e3%81%a1%e7%b5%b5%e3%83%a9%e3%83%95%e6%a1%88_%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%88%a6%e5%a3%ab_%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e9%80%9a%e5%b8%b8%e7%ab%8b%e3%81%a1%e7%b5%b5%e3%83%a9%e3%83%95%e6%a1%88_%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%ef%bc%92

●ヒロインA

▲名前
アリーシャ

▲呼称
一人称「わたし」
二人称(対主人公)「主人公名」
二人称(催眠中対主人公)「ご主人様」

▲備考
幼い頃に両親を亡くして孤児になる。幼い彼女の引き取り手が見つからず、モンスター退治などの賞金稼ぎとして1人で生きてきた。
西洋人の父と、東洋人の母から生まれたハーフ。
銃は父、和服は母の形見。

明るく前向きな性格となったのは、孤独で寂しい自分をごまかす為だが、本人は自覚していない。
まだ賞金稼ぎとして活動し始めた頃、他の賞金稼ぎに騙され、レイプされた経験を持つ。
そのため、特定の人間と親密な関係を築かず、誰に対しても同じような距離感を保っている。

本心では幼い頃、両親を亡くした経験から寂しい気持ちを抱いているため、人から愛されたいと願っている。
しかし、表層意識では人から裏切られた経験から、特定人物との密接な関係を拒んでいる。

 

ライター様と協議の上、アリーシャの設定はこのような形に落ち着きました。

(ていうか、衣装の彩色に別案があったの初めて知った)

過去のトラウマのせいで、他人と親密な関係になる事を深層心理で恐れているんですね。

一見すると明るいキャラクターにも、こういった過去があると服従させ甲斐が出てくる気がします。

 

個人的な好みの話になりますが、

順風満帆で『将来に何の不安要素も見当たらない女の子』をころっと堕とすのも好きだし、

アリーシャのように『暗い過去を持っている女の子』のトラウマをあえてえぐって堕とすのも好きです。

まあ、どちらもドン底まで堕ちれば一緒ですよね。

堕ちるまでの過程をどう楽しむかの違いであり、美しいものが汚れていく姿に甲乙は付け難い。

 

 

システム面の話になると、

アリーシャは完全なアタッカータイプです。

仲間を支援するスキルはなく、覚えるスキルは全て攻撃系になっています。

というかむしろ、味方ごと攻撃するスキルも持っていたりします。

 

重火器を使用する以上、ハンドガンとマシンガンでエフェクトが同じだとダメだろうという事で

通常攻撃については、装備している銃によってエフェクトが変わります。

スキルのエフェクトも変えたかったんだけど、技術的に……!

 

 

0

それぞれ効果範囲や攻撃回数も微妙に違いまして、

ハンドガン……選んだ敵を二回攻撃

マシンガン……敵二体にランダム攻撃

ショットガン……敵全体に攻撃

となっております。

 

ただ、納期的にたくさんの武器を用意できるかわからないというか多分できないので、

普通にやっていればエスカレーター式に装備を変えていく事になると思います……。

本当ならそれぞれの種類で色んな武器を用意したいんだけど!

 

あ、そうそう。

それぞれのヒロインの扱い方についてですが、

アリーシャは完全に女性としての肉体や名声が目的で主人公の毒牙にかかりますが、

フリーレンに関しては、どちらかと言えば遊び的な扱いが多くなっています。

分かりやすく言えば、アリーシャは肉欲の対象で、フリーレンはそれ以外という事でしょうか。

……分かりやすく言えてないと思いますが、とにかく二人のヒロインについては方向性をそれぞれ変えています。

 

こんな感じで!

 

また!

 

Kairi

 

 

以下、おまけgif

 

(ハンドガン)

(マシンガン)

(ショットガン)

(ショットガン2) ← (ショットガンの癖に連射しすぎだろうという事で急遽修正したもの)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけのおまけ

maguro2_2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。