催眠RPG製作日誌6(フリーレンあれこれ)

 

 

こんばんは。

第46騎士団 Kairiです。

 

今回はメインヒロインの片割れ『フリーレン』のお話をば……。

 

%e9%ad%94%e9%81%93%e5%a3%ab%ef%bc%bf%e7%ab%8b%e3%81%a1%e7%b5%b5_%e9%80%9a%e5%b8%b8

●ヒロインB

▲名前
フリーレン

▲呼称
一人称「私」
二人称(対主人公)「あなた」
二人称(催眠中対主人公)「マスター」

▲備考
主人公が滞在する街の近くにある森の小屋に1人で暮らしている。
代々続く魔法研究家の娘で、元は大都市に住んでいたが、両親との死別後に喧噪を嫌って、今の住処に移った。
物心ついたときから、ずっと魔法研究に明け暮れていたため、あまり他人とのコミュニケーションをとったことがない。
そのため、感情の起伏が少なく、ほとんどしゃべらない。

魔法道具や薬草の調合などもできるため、街の住人から食料や生活用品と交換してもらって、生活している。
他人との関わりが少なく、どんなことでもポーカーフェイスを崩さない彼女を、
街の住人は陰で『氷の魔女』と揶揄し、彼女に付け入る隙を伺っている者もいる。

幼い頃から魔法研究が全てと教えられてきた彼女は、それに取り組むのが日常の大部分だった。
しかし最近、自分はなんのために魔法研究をしているのか疑問を持つようになる。
表層意識では、自分が本当はなにをしたいのか目標を見つけられずにいるが、
本心では自己の破壊願望、変身願望といった今まで空っぽだった自分を変えたいと願っている。

 

 

分かりやすく言えば寡黙な頭脳派キャラといった所でしょうか。

研究と知識の収集に没頭し過ぎたあまり、人との触れ合いを疎かにしてしまった子です。

どのヒロインも最後には主人公にひどい目に遭わされる、というのが私の中では定番になりつつありますが、

彼女もアリーシャとは違った意味でひどい目に遭わされる事は間違いないでしょう。

 

戦闘面でのフリーレンはヒーラー兼アタッカーという立ち回りになります。

今回のゲームでは即座に体力を回復させる方法がアイテムを使うか、フリーレンの魔法を使うしかありません。

主人公がコスパの高いリジェネレーション系の回復魔法を覚えますが、即時回復ではないので微妙に使い勝手が悪いです。

(この辺りの調整もしないと……)

 

そして、フリーレンは攻撃魔法を3つ習得します。

ファイア、アイス、サンダーと大きく分かれていますが、

それぞれ単体高火力、全体中火力、全体低火力+麻痺、となっています。

相手によって使い分けるといいでしょう。

 

今回は短めですがこのあたりで!

 

では!

 

Kairi

 

 

 

以下、おまけgif

 

(ファイアピラー)

(アイスシージュ)

(パラライズサンダー)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。